03-5682-3737
東京都足立区東和3-5-2

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症のイメージ写真

骨粗鬆症は加齢が主な原因で、骨の中のカルシウムの量(骨量)が減少し、鬆(す)が入ったように骨がスカスカになり、もろくなる疾患を言います。
つまずいて手や肘をついた、くしゃみをしたなど、わずかな衝撃でも骨折をすることがあります。

患者全体では、高年齢の女性患者が多いことでも知られていますが、無理なダイエットや運動不足などの不摂生な生活習慣・特定の病気(関節リウマチ、糖尿病、慢性腎臓病、動脈硬化など)や薬の副作用(ステロイド薬の長期服用など)で発症することもあります。

女性は50歳前後で一度検査を

女性はおよそ50歳前後で閉経を迎えると言われますが、閉経になると女性ホルモン(エストロゲン)が減少していきます。
エストロゲンには、骨の新陳代謝に対して骨吸収をゆるやかにし、骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。
これが減少することで骨吸収のスピードが早まり、次第に骨形成が追いつかなくなり、骨がもろくなっていくのです。
そのため、ちょっとした転倒でも骨折するようになり、最悪な場合は寝たきりになることもあります。
このようなことから、特に女性は、50歳になる前に一度は骨粗鬆症の精密検査を受けるようお勧めいたします。
診断にあたっては、骨密度検査、骨代謝マーカーの検査、X線検査、身長測定などが行われます。

治療法について

骨粗鬆症については、専門的な治療や適切な生活改善を行えば、骨密度の減少を改善し、骨折リスクを大幅に減少させることが可能です。
老化や閉経だけが発症の原因とは限りません。
食事や運動といった生活習慣も大きく関係するのです。
そのため「骨の生活習慣病」とも言われ、食事・運動療法もこの病気の予防と改善には欠かせないのです。
なお、医師から骨粗鬆症の診断を受けた場合は、治療の中心は薬物療法となります。
それぞれの治療法は以下の通りです。

食事療法

骨の主成分であるカルシウムやたんぱく質、および骨のリモデリングに必要なビタミンD・Kなどの栄養素を積極的に摂りながら、しかもバランスのとれた食生活を送ることに努めます。

リモデリング:骨を壊す働きをする破骨細胞が骨を吸収する一方で、骨をつくる働きをする骨芽細胞が、破骨細胞によって吸収された部分に新しい骨をつくる代謝作用

運動療法

骨は体重の負荷をかけることで丈夫になりますが、必ずしも強度の高い運動が必要というわけではありません。
ウォーキングのような軽度の運動をするだけでも十分に効果があります。
とにかく長く継続することが大切です。

薬物療法

医師の判断により、骨の破壊を抑制する薬(ビスフォスフォネート製剤やSERMなど)や骨の材料を補う薬(カルシウム製剤や活性型ビタミンD3製剤など)などが処方されます。
多くの場合、骨粗しょう症の診断を受けたときから始まります。

みながわ整形外科クリニック
診療時間
※土曜の診療時間は17:30まで
休診日:水曜、日曜、祝日
☆初診受付時間は午前12:00まで、午後18:00まで。お急ぎの方はお問い合わせください。
  日祝
9:00~12:30
15:00~18:30
診療科目
一般整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科
最寄駅
東京メトロ千代田線 北綾瀬駅 徒歩10分
綾瀬駅よりバス「東綾瀬団地」下車 徒歩1分
住所
〒120-0003 東京都足立区東和3-5-2
電話
03-5682-3737
ACCESSMAP
広域地図 案内図
このページの上へ