03-5682-3737
東京都足立区東和3-5-2

リハビリテーション科

リハビリテーションとは

リハビリのイメージ写真

心身の機能や構造に障害が生じ、生活に支障をきたした状態を医学的に改善しようとするあらゆる取り組みのことをリハビリテーション(リハビリ)と言います。

当院では理学療法士 常勤2名,非常勤3名、柔道整復師(非常勤)1名、リハビリ助手2名が在籍しており、運動療法を中心としたリハビリテーションによる各種疾患による疼痛の改善、生活の質の向上、ロコモティブシンドロームの予防・改善に積極的に取り組んでおります。
ここでは、傷害を受けた身体や運動機能を最大限まで回復すべく、各々の患者さんに応じたリハビリテーションを行います。

リハビリテーション科は、病気やけが、老化、スポーツ外傷、手術などで生じた機能障害を理学療法(運動療法や物理療法)や作業療法などにより、機能の回復・改善を図り、日常生活や社会生活への早期復帰を目指す診療科です。

対象となる主な症状

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • 手術後のリハビリテーション など

リハビリテーション科で行う主な治療内容

運動療法

身体全体または一部を動かすことで、症状の軽減や機能の回復を目指す治療のことです。
予防や治療の目的で、歩行練習をはじめ、腰痛体操、転倒予防など、筋力と柔軟性、バランス能力の改善を目的に行います。
運動療法は、患者さんご自身の自然治癒力を増進させる方法であり、とても効果的と言われています。

物理療法

物理的な作用を加えることによる身体の治療が物理療法です。
電気の刺激で治療する低周波療法(患部に電流を流す治療)、お湯につけて熱くなったパックを患部に当てて血流をよくする温熱療法、水の流れや水圧によって患部をマッサージする水治療法、体のある部分に引く力を加えることで関節変形・拘縮(関節の動く範囲が狭くなった状態)などに対する治療が行える牽引(けんいん)療法などがあります。
これらによる効果は、運動療法のサポートにもなります。

作業療法

体(または精神)に障害のある患者さんに対して、日々生活していくうえで必要とされる動作や社会に適応するための能力の回復を目指し、様々な「作業」(人が生活のなかで日常的に行う諸活動)を通じて治療を行います。

*患者さんの状態に合わせた「自主トレーニング法」や「日常生活上の注意点」などについても丁寧にアドバイスいたします。

リハビリスタッフ紹介

理学療法士常勤

  • 中村友美
  • 山下妹佳

非常勤

  • 林 友則
  • 緒方雄介
  • 村田 海

院内のリハビリルームは100平米以上の面積で、広々とした空間です。

みながわ整形外科クリニック
診療時間
※土曜の診療時間は17:30まで
休診日:水曜、日曜、祝日
  日祝
9:00~12:30
15:00~18:30
診療科目
一般整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科
最寄駅
東京メトロ千代田線 北綾瀬駅 徒歩10分
綾瀬駅よりバス「東綾瀬団地」下車 徒歩1分
住所
〒120-0003 東京都足立区東和3-5-2
電話
03-5682-3737
ACCESSMAP
広域地図 案内図
このページの上へ